血液やリンパ液の流れを良くしてあげる事で、肌のハリを取り戻すことができる…

アラフォーの女性

毎日マッサージを行う事によって少しずつ効果が…

若い時はハリがあった肌の人も、アラフォーになるとだんだん肌のハリがなくなってたるみが気になることがあります。

肌のハリがなくなると、年齢よりも老けて見られてしまう事もあるので、気を付けなければなりません。


アラフォーになると、体の基礎代謝が悪くなってきます。

血液やリンパの流れも悪くなることがあります。

血液は体の隅々まで栄養や酸素を運んでいます。

リンパ液は、体の不要になった老廃物を流れやすくしてくれています。

これらの働きが悪くなってしまう事で、老廃物が上手く流れていけずに、溜まってしまいます。

これがたるみの原因です。


なので、血液やリンパ液の流れを良くしてあげる事で、肌のハリを取り戻すことができるのです。

これにはマッサージが効果的です。

体を温めながら行うと、効果がアップします。

体が温かくなると、血管が開きやすくなるからです。

なので入浴中にマッサージを行うのが効果的です。

またスチーマーなどを使ってマッサージを行うのも良いです。


気を付けなければならないのは、力を入れて行わない様にするという事です。

力を入れてマッサージしてしまうと、肌に負担がかかってしまうからです。

肌を守ってくれているバリア機能まで破壊されてしまいますので気を付けましょう。

力を入れない様に、マッサージクリームなどを塗ってから行ってください。

肌のハリは直ぐには取り戻す事は出来ませんが、毎日マッサージを行う事によって少しずつ効果が出てきます。


そして化粧品選びも大切です。

コラーゲンやプラセンタなど美容成分が沢山配合されたスキンケア商品を選ぶと良いです。

化粧水や美容液を浸透しやすくする為には、きちんとクレンジングをする事が大切です。

クレンジングは、石油系界面活性剤が使われていない商品を選ぶと安心です。

石油系界面活性剤が入っていると、洗浄力が強すぎて皮脂を落しすぎてしまうからです。

これは数百円で買う事の出来る商品に入っている事が多いです。

添加物が使われていない、天然の洗浄成分で作られたクレンジングを選ぶ様にしましょう。


この様な商品は、数百円で買う事は出来ません。

1本数千円することが殆どです。

値段は高いですが、アラフォーになったら品質の良い商品を選んでいく事も重要です。

毎日クレンジングをして毛穴をきれいにしてから、化粧水や美容液をつける事で肌への浸透が良くなります。

これにマッサージをプラスする事で、肌のハリを取り戻すことができるのです。

肌のハリを促進するための対策を

アラフォーの女性2

加齢による年齢サインはある程度の年齢になると必ず発生してきます。

アラフォーの肌を10代に見せることはできないわけですが、30代に見せることは不可能ではありません。

老けて見られないためには肌のハリがポイントになり、プルプルと弾力性・保湿力がある状態は若々しいのです。

こうした状態を維持するためには、徹底した紫外線対策が必要になってきます。

紫外線ダメージは肌が記憶する性質がありますので、たくさん浴びるほど将来の老化につながります。

若いころは夏場しか日焼け止めを塗らない人が多いですが、アラフォーからは毎日塗るようにしてください。

日焼け止めは肌に刺激になるのでよくないと考える人がいますが、紫外線のダメージはその何倍も大きいです。

浴び続けると肌が乾燥し、たるみやほうれい線の原因になるので注意してください。


肌のハリがなくなる原因には血行不良や冷え性があり、これらを自覚している人は要注意です。

肌のハリは細胞レベルで元気にしないと生まれてこないので、血流はサラサラに維持させましょう。

血液の元気が細胞の活力になりますから、血液を綺麗にするために生活習慣病はしっかりと予防します。

冷え性は血行不良の大きな原因になるため、内側から冷えにアプローチする必要があります。

例えば生姜湯は胃腸から身体をポカポカにしてくれるので、慢性的な冷えに悩んでいる人におすすめです。

冷えを放置しておくと冷え性体質になってしまうので、体質化する前に対策してください。

肌トラブルを根本から解決するには、体質自体を変えるしかないのです。

化粧品で老化サインにアプローチするのは大事ですが、同時に健康対策も並行しましょう。


コラーゲンは肌のハリを形成する成分として有名です。

コラーゲン生成が減少してくるアラフォーはシワやたるみが気になる年代ですから、レチノールやビタミンC誘導体などを積極的に補給しましょう。

コラーゲン自体を補給することも大切ですが、生成を促進する成分も欠かせません。

セラミドやヒアルロン酸は肌の保湿成分であり、不足すると乾燥肌に傾いていきます。

乾燥肌や敏感肌の状態は抵抗力が低下しており、非常にダメージが発生しやすい状態にあります。

ダメージに負けない肌になるためには、正常肌になることが必須です。

正常肌を維持することが肌のハリ形成につながり、免疫力をフルに発揮させることで肌荒れを予防します。

肌質の変化はそのまま見た目年齢に直結するわけです。

肌のハリ復活のためにアラフォーでやるべきこと

アラフォーの女性3

ストレスを溜め込んだ生活が継続すると、抜け毛が目立ってくるはずです。

髪は心身の状態を明確に反映する性質がありますが、これは肌にも言えることです。

心身が不健康になるとハリが失われていきますので、アラフォーのスキンケアでは心身の健康を意識しましょう。

自律神経のバランスをしっかりと調整すれば、見た目より若々しい肌を実現できるでしょう。

人は誰しも若く見られると嬉しいですし、もっとスキンケアを頑張ろうと思えるはずです。

いつまでも美肌を維持するためには、見られることを意識する必要があります。


そのためには隠すケアよりも見せるケアが大切であり、後者を意識すれば自然とモチベーションが上がります。

美意識を向上させれば気持ちも前向きになり、ターンオーバーを改善にもつながるでしょう。

心身のバランスや自律神経に乱れがあるときは、ターンオーバーもサイクルが遅くなります。

アラフォーはターンオーバーのサイクルが通常の2倍以上になることが多く、56日サイクルになってしまう人もいます。

新陳代謝を活発にすることが肌のハリ形成につながりますので、美意識を高く持って見られることを前提にケアしてください。


プルプルの肌を実現するには乳液とクリームの使用がポイントになり、これらは少々値の張るものを使用しましょう。

値段の高いものには理由があり、乳液やクリームの場合ですと水分の保持力が高くなっています。

化粧水や美容液で補給した水分を維持し、弾力性のある肌を作り上げてくれるのです。

化粧水と美容液しか使用しない人は、オイリー肌になりやすい傾向があります。

乳液やクリームで油分を与えると余計にオイリーになると思うかもしれませんが、実際は正常肌に近づけてくれるのです。

人間の肌は乾燥した状態が最も悪く、乾燥しすぎると肌の修正作用によって皮脂分泌を促進します。


スキンケアで適度な油分を与えておけば、肌は過剰な皮脂分泌をしなくなるのです。

皮脂が増えると毛穴つまりのリスクとなり、黒ずみやブツブツの原因になります。

いずれにしても肌荒れが起こっている状態は健全ではありませんので、早めに予防対策が必要でしょう。

年齢サインに負けない肌を実現するためには、保湿と適切な皮脂分泌がポイントになります。

アラフォーで間違ったケアを見直していけば、肌本来の若さを取り戻すことができます。

対応が遅くなるほど肌老化を促進しますので、アラフォーという年代は正しいケアに切り替えるチャンスと考えてください。