肌の水分量を上げるためには、洗顔後の化粧水でのケアが大切…

アラフォーの女性

手のひらやコットンに化粧水をとり顔全体に染み込ませるようにつけるのがコツ…

年齢とともに肌の状態は変化していきますが、アラフォーに入ると徐々に肌のうるおい・ハリ・ツヤが失われていきます。

これには、女性ホルモンの働きが大きく関わっています。

女性ホルモンには、肌のうるおいを守り、真皮のコラーゲンを増やす働きや皮脂の分泌を促進する効果があります。

しかし、アラフォーに入り更年期が近づくと、これらが減少してしまうのです。

若さを保ち、美しい肌をキープするにはどうしたら良いのでしょうか。


うるおいやハリを取り戻すのに一番大切なことは、十分な保湿です。

普段使っている基礎化粧品でも対策はできるので、あきらめずにケアしていきましょう。

肌の水分量を上げるためには、洗顔後の化粧水でのケアが大切です。

使用する化粧水は、高級化粧品ブランドのものでなくてもかまいません。

ドラッグストアなどで売っている容量の多いものを惜しみなく使ってください。

セラミド成分が配合された化粧水などは、保湿効果が高く肌のバリア機能の回復が期待できます。


洗顔後は、肌の乾燥が始まる前に素早く化粧水をつける必要があります。

その際、力強くたたいたり、強くすりこむような付け方はしないでください。

皮膚に刺激が与えられ、肌へのダメージとなるおそれがあります。

なるべく肌の負担にならないように、無理な力を加えず優しく化粧水をなじませてください。

手のひらやコットンに化粧水をとり顔全体に染み込ませるようにつけるのがコツです。

これを数回繰り返して水分を浸透させてください。


化粧水をつけた後は、美容液を使いますが、この時家庭用の美顔器を使用するとでさらに浸透効果のアップが期待できます。

分子が大きく、なかなか浸透しづらい美容成分も、美顔器の細かな振動によって、手で美容液をつけるよりも肌に染み込みやすくなるのです。

特に乾燥のひどい日は、普段の基礎化粧品にプラスして、美容液を含んだ保湿効果のあるシートマスクを使うことをおすすめします。


または、コットンパックなども水分量の補給に効果があります。

パックをする時は、長時間放置してしまうと余計に乾燥してしまうので、ニキビなどのトラブルを招く可能性もあります。

使用時間に注意してケアするようにしましょう。


メイクで使う化粧品も、保湿効果の高い化粧下地やファンデーションを利用するなどして肌を乾燥から守ることが大切です。

アラフォーの肌に合った対策や化粧品の使用で、みずみずしいハリのある肌を目指していきましょう。

化粧水を塗る時にはパッティングはダメ

アラフォーの女性2

よく、化粧水を塗る時にパッティングをすることでなじみやすくなると考えている方もいます。

実際、パッティングをするとマッサージのような気持ちよさを感じるのは事実です。

しかし、肌に対する影響を考えると、パッティング流行らない方が良いです。


そもそも、化粧品を塗ったとしても浸透する肌のレベルは表面の方なので、いくら強くしすぎたとしても意味がありません。

ある程度は効果があるとされていますが、むしろダメージを与えることでターンオーバーの乱れやメラノサイトの生成など以上によって、シミが起こりやすくなってしまいます。

また、毛細血管が刺激されるので、顔が赤ら顔にもなると言われています。

そのため、強くたたくのはやめて優しく塗るように心がけます。


良く浸透させるとされる美顔器の場合は、強い刺激を与えるのではなく、細かな振動によって隙間を作って浸透させるという物が多いです。

これについては手でたたくのと比べれば影響は最小限に抑えられるので、使っても問題はないでしょう。


コットンパックについては、確かに水分量を多くさせるために有効で、アラフォーの方の保湿ケアには欠かせないものです。

どうせ活用するなら、併せてさっぱりしたタイプの化粧水を選ぶのがおすすめです。

さっぱりしたタイプの化粧水ならコットンにもうまくなじみ、気持ちよく感じるからです。

なおかつ、全体に行き渡せることができますし、有効成分が含まれているタイプならその真価を発揮してくれます。


コットンパックが面倒という方は、美容液が含まれている顔パックを使うのが良いです。

これは、初めから顔の形に形作られたパックで、それを顔の上に貼って美容成分を浸透させるという物です。

こちらについては大容量の物を買うのは、参加などの影響で効果を持続させられないのでお薦めできません。

活用するなら少量のタイプで、特別な日のためにケアをするなら、少し高価なスペシャルケアタイプの顔パックを選ぶと良いでしょう。


美顔器もコットンパックや顔パックも使わない場合は別に使う必要がありません。

優しく包み込むように化粧品を塗っていくことでも、肌に充分になじんでくるからです。

いずれの場合でもいえることは、水分量を多くさせるために使用料を多くしても意味がないことです。

肌に吸収できる水分量は決まっており、それを超えた分はただ蒸発するだけなので、効果があるどころか無駄になってしまいます。

保湿効果のある成分について知っておくと選びやすい

アラフォーの女性3

保湿に良いとされている化粧品はたくさんあり、アラフォーの方も購入に迷っているでしょう。

女性はアラフォーになると急激に乾燥肌になる人も多いので、保湿メインで対策を考えていけばよいので、保湿力のある化粧品を考えていれば、乾燥対策になって、ひいてはシワやシミなどの対策にもつながります。


一般的にヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが保湿に効果があるとされていて、これらが含まれているタイプを選んでおけば問題ないでしょう。

この中でもセラミドは、もともと皮膚の上の豊富あって水分をキープしてくれる物質であるため、塗って効果を実感しやすいのでおすすめです。


老化によって乾燥肌になるのは、皮脂腺からの皮脂の分泌量が減ることや、セラミドが減ることが原因となりますが、それを化粧品で補うことで潤いを保ち、バリア機能を復活させるなどの効果に期待できます。

バリア効果が弱まると、紫外線や刺激物などによるダメージが肌に置きやすくなってしまいますし、新陳代謝も悪くなってシミやしわができてしまいます。

保湿させることはこうした様々な肌トラブルのための対策と言えるので、アラフォーの方が考えるべきことになります。


もうひとつ、化粧品を使う前の洗顔も強く洗いすぎないように心がけましょう。

ただでさえ皮脂が不足しがちなアラフォーの方が、強く顔をこすって洗いすぎると、余分に皮脂が落ちてしまって乾燥が進んでしまいます。

また、強くこすり過ぎるとダメージを与えることになりますが、肌が弱ってきているアラフォーになると若い頃より影響を受けやすいです。

こうした小さな積み重ねが、素敵な肌を実現するために影響してくるので、小さなことですが考えておきましょう。


あらかじめアラフォーからなどと宣伝されている基礎化粧品は、この年代の方がかかえる悩み対策に合致した物を提供しているので、選んで損はありません。

アンチエイジングに優れた最先端の研究成果を取り入れた物などもあります。

毎日のケアに使うので、高すぎるものは選びにくいですが、例えばドラッグストアで購入すると比較的安く手に入りますし、ポイントも貯まるので非常にお得です。


保湿に良い製品を使ってみれば自分に合うかわかりますが、使って合わなかったら損をした気分になりますので、事前に下調べをしておきましょう。

例えば、口コミサイトではたくさんの利用者による商品レビューが掲載されていますので、アラフォーの肌のお手入れで評判の高い化粧品を見つけることができます。