目に見えない肌トラブルとは、インナードライ…

アラフォーの女性

肌の表面は乾燥肌にはならないというのがインナードライの怖いところ…

年齢を重ねたお肌には、若い時にはなかった肌トラブルが出てくるようになることもあります。

シミやしわが目に見えて増えてくるのもこの時期です。

髪も細くなり白髪もちらほら出てくるようにもなります。

それらは、白髪染めをし、シミはお化粧で消せますが、一時的なものでしかありません。

目に見えるものは対処できますが、目に見えない肌トラブルというものもあるというのをご存知でしょうか。


目に見えない肌トラブルとは、インナードライです。


一時期、話題になりましたが肌の水分量のことを言うのですが、20代後半から少しずつ肌の水分量は減っていきます。

スキンケアは十分にしているという人でも、肌の水分量を調べてみると乾燥して砂漠のようになっているという事もあります。

だからと言って、肌の表面は乾燥肌にはならないというのがインナードライの怖いところです。


アラフォーになり、ますますインナードライは進みます。

お肌の衰えはホルモンバランスも大きく関わっています。

更年期障害の始まりが足音を立てて近づいているこの年代は、お肌にも深刻な不調をきたす場合もあり、お肌の渇きもますます進むこともあります。

これが、しわやたるみにつながりますから、自分に合った化粧品を使って対策を取りましょう。


若い頃は化粧水と乳液だけで済ませていた人は、クリームなどの油分を使うのがおすすめです。

お肌に化粧水で水分補給したそばからお肌から水分は蒸発していきます。

それを防ぐために乳液を使うのですが、年齢を重ねたお肌にまそれだけでは不十分といえます。

こってりとしたクリームで水分がお肌から逃げないようにしっかり蓋をしましょう。


近頃は、シートパックもお肌のためにと利用する人がいますが、気を付けなければいけ言事があります。

いくらお肌にいいものだからと言ってもやりすぎは禁物です。

使用時間を過ぎてもお肌にシートパックを載せておくのは水分補給ではなく乾燥していましますので、やめましょう。


アラフォー向けの化粧品としてシミやしわ、エイジングケアや美白などいろいろな機能を持った化粧品が販売されています。

値段も、高額なものから、お手頃に購入できるものまでさまざまあります。

化粧品の値段は配合されている材料によって変わります。

高額であれば効果の高いものと言えるのかも知れません。

化粧品選びで、将来のお肌は変わってきますので、自分に合ったものを選び使用するというのがとても大切なことです。

アラフォーのインナードライはすぐに対策を

アラフォーの女性2

アラフォーになると、シミやしわ、たるみにくすみと年齢肌の悩みがひとつではなく、複数出てきて、ひとつひとつの悩みも深刻になってきます。

ホルモンバランスが若い頃とは違って乱れがちになってきたり、元気ではあっても老化してくる年代のために回復力が低下してくる年代に突入しているのです。

プライベートでも仕事でも、責任ある役割を任されていることが多く、ストレスや生活習慣の乱れなどが多い時期でもあり、アラフォーは肌の変化を実感する人が多く老化を自覚する年代と言えます。


肌の変化の中では、シミやしわ、くすみなどの原因になる乾燥が顕著になってくるのがアラフォーです。

肌の中にもともとあるセラミドが、20代の頃と比べて半分程度まで減少することをはじめ、保湿や弾力に関わるコラーゲンやヒアルロン酸も減少していきます。

肌がかさつく、毛穴がたるんでくる、小じわが増えるなどの悩みが深刻になってくる人が多いのですが、アラフォーになっても肌の表面にかさつきを感じない人もいます。


外側は一見潤っているけれども、内側の水分は不足しているのがインナードライ肌です。

表面だけが皮脂で覆われていても、内側の水分不足は深刻なのでシミやしわ、くすみなどの悩みは急速に進んでいきます。

年齢肌の悩みが進みやすい乾燥状態にありながら、自覚しにくいことがインナードライの特徴であり、怖いところでもあります。

インナードライ肌の人は、内側の水分が不足しているために、肌が自分自身を守る働きである皮脂分泌が活発になっており、水分と油分のバランスが崩れている傾向にあります。

口のまわりやフェイスラインなどに吹き出物が繰り返しできる、皮脂を洗い流したり、取り除いたりするほどべたつきを感じるなどの場合には、インナードライが進んでいると自覚をして保湿ケアを始めましょう。


アラフォーのインナードライ肌は、外側の印象よりも内側の乾燥が進んでいる状態なので、年齢肌の悩みが急速に進む可能性があります。

年齢肌の悩みの多くが肌の乾燥によって生じるので、まずは保湿をすることが大切です。

急激に減少するセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含む化粧品を使い、まずはたっぷりと保湿することが対策になります。

水分を与えるだけでは、すぐに蒸発してしまうため、肌の内側で水分と結びついて長時間蓄えておくことができる保湿成分を補うことが重要です。

内側が水分で満たされてくると、過剰に皮脂を分泌する必要がなくなるのでテカリやべたつきがおさまってきます。

インナードライ肌のお手入れ方法

アラフォーの女性3

表面はべたついているのに、内側は水分不足に陥っているインナードライは、すぐに対策が必要な状態です。

まずは肌の内側に水分をたっぷりと補給することが大切なので、保湿化粧品を使って水分と保湿成分を補っていきましょう。

インナードライ肌は、内側の水分が不足しているために、肌表面に何層にも重なっている角層に隙間ができていて刺激に弱くなっています。

もともと人間の体内にあり、刺激を与えることが無いセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入っている化粧品を選んで、優しく肌を潤していくことが第一歩です。


内側は乾いてしまっていますが、表面は皮脂分泌が活発でメイクの汚れやほこりと皮脂がまじりあって毛穴を詰まらせたり、表面を覆ってしまったりしているため、クレンジングや洗顔料でしっかりと肌の汚れと皮脂を取り除き、水分と保湿成分が肌の奥まで届くようにすることも大切なステップです。

刺激に弱くなっており、内側は乾燥しているので、肌に刺激を与えず必要な潤いを残して洗い上げることができるクレンジングや洗顔料を選ぶようにしましょう。


保湿化粧水を洗顔後に塗る時には、たくさんの量を一度で馴染ませるよりも2~3回に分けて馴染ませていく方法をおすすめします。

最初は化粧水をなじませるための下地作りのような感覚で少量をまんべんなく肌に塗っていきます。

次にたっぷりの量を両手にとってこすらないように気を付けながら、肌の奥に届くようにゆっくりと浸透させていくと良いでしょう。

最後に乾燥しがちな目の下や頬、口の周りなどに重ね付けし、両手でやさしく包み込むように水分を肌の奥まで押し込んでいきます。


インナードライ肌の人は、肌の表面がべたついたり、てかりが気になったりしていることが多いのでさっぱりタイプの乳液を少量だけ使っているという人も多いのですが、乾燥によって皮脂が過剰に分泌されている状態なので油分をきちんと補って水分とのバランスを取ることが必要です。

化粧水の水分が乾く前に、乳液を顔全体になじませ、目元や口の周り、頬などには薄くでも良いのでクリームを使って保護しましょう。

きちんとお手入れをすると効果を実感することができる回復力があるのがアラフォーの肌なので、内側の乾燥対策を早く始めるほど、老化のスピードを遅くすることが期待できます。

吹き出物などの肌トラブルも、水分と油分のバランスを取ることで減少していく場合が多いので、年代に合わせたお手入れ方法にシフトして、きれいな肌をキープしていくことをおすすめします。